KSI
LIDAR Scanner
Drone

軽量レーザースキャナーを
ドローンに搭載!

・軽量コンパクト(1200g以下)
・正確な三次元座標を取得
・高環境性(IP65) ※スキャナーのみ
・測距範囲300m(従来比1.2倍)
・高コストパフォーマンス
・簡単操作
・スキャンレート:60Hz(従来比1.5倍!)

仕様

ラインレーザースキャナー PS250-90LW
【測距範囲】300m(反射率100%)
【重量】総重量1,200g以下 ※1,100g以下(モジュールのみ)
【防塵防水性】IP65
【スキャン角度】90°
【分解能】1mm
【繰返し精度(1σ)】≦5mm~20mm(強弱による)
【精度(定誤差)】≦4mm
【スポット径】縦18mm/横12mm
【スキャンレート(出射時】ファインモード:30Hz/ノーマルモード:30Hz/ファストモード:60Hz
【スキャンステップ】ファインモード:1000ノーマルモード:1000/ファストモード:500
【スキャン速度(90°)】ファインモード:33.33ms/ノーマルモード:33.33ms/ファストモード:17ms
【レーザークラス】1
【駆動電圧】24VDC±5VDC
【消費電力】7.5W
【温度範囲】作動時:-30℃~50℃ 保管時:-30℃~70℃
【本体サイズ(W×H×D)】124×254×100mm

Matrice600 Pro
【ホバリング精度】垂直: ±0.5 m, 水平: ±1.5 m
【最大離陸重量】約15.5k g
【最大飛行時間】積載無し32 分、積載6kg:16 分
【対角距離】 1133mm
【機体寸法】 1668 mm x 1518 mm x 727 mm
【最大旋回速度】 ピッチ: 300°/s、ヨー: 150°/s
【最大速度】 40m/h、65km/h ( 無風時)

使用例 

造成現場・鉱山・送電線・災害地・産業廃棄物・森林

システム概要

本製品はUAVにスキャナー・IMU・記録媒体・通信機器器を搭載し得られたデータより位置情報(姿勢データ)スキャンデータを合成し、3次元点群データを作成しテキスト出力をするシステムです。
得られた点群データは他社製後プログラムによって写真データ(オルソ画像)と合成しカラー3D点群にしたり土量計算を行うことが出来ます。
本製品は計測用ユニット(スキャナー・IMU・記録用PC・電源・通信ユニット・観測用プログラム)+位置情報解析プログラム+点群作成プログラム(解析・閲覧および出力)で構成されています。

Image Description

3D点群データ作成までの流れ

①現場実測
・観測準備(UAVキャリブレーション・各部接続・IMUキャリブレーションなど)
・計測(スキャナー・POSデータの取得)
・データ取込(Wi-Fi通信)
②位置情報(GNSS)解析(Trimble製POSPac使用)
③スキャンデータ・位置情報合成(PS_CAL使用)
④点群作成(PS_CAL使用)
・スキャナー解析
・計算条件入力(コース・範囲など選択)
・ボアキャリブレーション(Pitch・Roll・Yawの補正)
⑤画像閲覧(PDV4使用)
データ出力(3次元点群データのテキスト出力)
※上記で得られた点群データを各社点群後処理プログラムへ出力)

1.現場処理

2.解析処理

(※POSデータはPOSPacで計算)

3.点群閲覧・出力

4.出力例(CSV)

5.出力(閲覧)

6.カラー点群例(後処理)

KSI LIDAR Scanner Droneを
今すぐ注文しましょう

ご注文・お問い合わせ・お見積りはお気軽に。