神戸清光提供の体験会@和歌山県新宮市を実施!
トプコン「杭ナビショベル」編

2021年11月16日(火)に「杭ナビショベル」の体験会を実施し、14社・23名のみなさまに参加いただいた。

体験会は今回を含めて全3回、淡路・神戸・和歌山の3会場で開催予定だ。
2021年11月2日(火)@サンライズ淡路
(体験会の様子はこちら http://www.kobeseiko.co.jp/ksi_report08.html
2021年11月16日(火))@和歌山県新宮市
2021年11月19日(金)@トプコン神戸トレーニングセンター

本記事では第2回目となる和歌山県新宮市で11月16日(火)に開催された体験会の様子をみなさまへお伝えする。

神戸清光提供で行われた本体験会では、DJI JAPAN様、SB C&S様、福井コンピュータ様、トプコン様、貴志工業新宮様(順不同)にもご協力いただいた。また、重機と会場の提供には 中川建設様にご協力いただいた。
単なる製品の体験だけでなく、メーカーとユーザーに接点をもっていただける機会を提供できるのも私たちの強みだ。

全体の様子。

▲全体の様子。

GNSSに縛られない便利さ。


トプコン「杭ナビショベル」は、GNSSを使用せずに運用ができるマシンガイダンスだ。杭ナビ(LN-150)をセンサーとして使用することができる。
GNSSを使用しないため現場環境に左右されることが少なく、ローカライズが不要となる。また、小型機にも装着が可能だ。

現場や機体の大きさに縛られずに活用できる本製品の特長を実機を通して参加者へ伝えていく。i-Constructionに積極的に取り組んでいるユーザーや、杭ナビ(LN-150)を活用しきれていないと感じているユーザーが熱心に話を聞く姿が印象的であった。

「GNSSが取得できない場所では便利に使えそう」
「小規模工事においては、取り回しの良い杭ナビショベルを使ってみたい。」
「簡単に現場で使えそう」
「NETIS登録もされているので営業的に効果が見込まれる」

といった声も神戸清光営業担当へ挙げられた。

「杭ナビショベル」を身近に感じていただくことが出来たのではないだろうか。

杭ナビショベルの紹介を行う トプコン 町永氏(左)。

▲杭ナビショベルの紹介を行う トプコン 町永氏(左)。

「和歌山県での『杭ナビショベル』の導入がメリットになるのでは」という、神戸清光営業担当者の考え。

今回の体験会を主導したのは、神戸清光 和歌山支店の岡本だ。彼は、和歌山県内での「杭ナビショベル」の導入がメリットになるのではと考える。

和歌山県内のICT工事は政策開始当初より盛んに行われている。和歌県土整備もICT工事に力を入れているようだ。
今回体験会を行った紀南エリアは、携帯電話の電波が届かないことがある特に山深い地域である。つまり、山間部の工事が多いためGNSSが取得が難しい。その和歌山エリアの現場の特性から、今回体験頂いた「杭ナビショベル」が有効になる場面が多く訪れると考える。

実機を見ていただくことで、本体験会の参加者が多く対峙する山間部の現場でも活用いただけることを想像し、実感していただけたと強く認識したという。

また本体験会にご協力いただいた 貴志工業新宮(株)の江崎氏からは、「参加者様にヒヤリングすると、杭ナビショベルは一度先にレンタルなどで使ってみたいとの要望が多かった。そして何よりも、新しい商品を実際にご覧頂けて良かった。」という所感を伺うことが出来た。

本体験会に協力いただいた他社のみなさんにも共通して、「実機を見てもらいたい」という思いがあることが強く感じられる。

杭ナビショベルを装着した重機。

▲杭ナビショベルを装着した重機。

参加者からの質問を受ける。

▲参加者からの質問を受ける。

―現場には特徴がある。

ユーザーによって、活用するべき製品があることを再認識した。そして、その製品が一律ではないことを感じる。
ユーザーの業務効率化や製品活用のお手伝いをするためには、ユーザーが何をゴールとするかということを一緒に見据えることが必要不可欠だ。

月並みだが、リアルに製品への反応を見ることが出来たことが非常に印象的だった。
「杭ナビショベル」を通して、i-Constructionの掲げる目標が和歌山県を筆頭に達成されていく未来があればいい。 

(株)神戸清光 広報担当 松本葵