ニチイコンサルタント株式会社様がBLK2GOを導入。
「今、自分たちが持っていない技術を導入したい。」

5月17日(火)にニチイコンサルタント株式会社様へ神戸清光がライカ「BLK2GO」の納品を行った。
本記事では、その様子をみなさんにお伝えする。


ニチイコンサルタント株式会社様は愛知県一宮市に所在する企業だ。
「確かな技術で未来を創る」という企業理念の元、地域に根差した幅広い測量業務を行う。

河川や山はもちろん、太陽光パネル設置予定地などその現場は様々である。
同社代表取締役副社長の杉谷氏に「BLK2GO」を導入するまでの背景を伺うことが出来た。

BLK2GO。 気軽に点群作成が出来る。

▲BLK2GO。
気軽に点群作成が出来る。

端末に専用のアプリを入れると、計測中の点群の確認が可能だ。

▲端末に専用のアプリを入れると、計測中の点群の確認が可能だ。

ライカ「BLK2GO」はハンディタイプのレーザースキャナだ。
スラム(SLAM:Simultaneous Localization and Mapping)」という技術が使用されており、自己位置推定と環境地図作成を同時に行う。 また、本技術はGPSなどの衛星情報を使用しないシステムのため、トンネルや屋内での活用も見込まれそうだ。

そして、VIS(ビス)技術が採用されていることも大きな特長だ。ビス(Visual Inertial System)」は、位置や向きを自動で検出するアルゴリズムが組み込まれている独自の技術である。この技術は、地上型レーザースキャナ「RTC360」でも大きく活用されており、高精度な自動合成が実現されている。


「BLK2GO」「BLK360」「RTC360」のデータ比較(市街地編)
「BLK2GO」「BLK360」「RTC360」のデータ比較(山林・斜面編)
「BLK2GO」バックパックスタイルでの計測データ

「補完」を目的に導入。

ライカ「BLK2GO」の導入理由を杉谷氏に尋ねた際に繰り返し出てきたのが「補完」という言葉だ。

――ニチイコンサルタント株式会社様は3次元計測機器としてドローン4機種・地上型レーザースキャナ2機種を運用する。 ドローンと地上型レーザースキャナを組み合わせて補強するという方法を既に行っており、 従来の3次元化のフローに比べれば作業の効率化を実現している。 しかしながら、杉谷氏は更なる手間や時間の削減を目指しており、本製品の導入に至った。

同社が掲げるBLK2GOの活用イメージは「『主』で動かすのではなく『補完的に』動かす」ということである。同氏は「使ってみて、どう活用していくか考えてみます。」と話した。また、BLK2GOのその手軽さから作業効率の上昇と現場の負荷を軽減することにも期待しているという。

――具体的な課題解決のために導入するのではなく、活用イメージをニュアンスで捉える。
とにかく活用イメージを持つことが重要なのだと感じられた。

ソフトウェアの使用方法について説明する神戸清光営業担当者。

▲ソフトウェアの使用方法について説明する神戸清光営業担当者。

「BLK2GO」は自分たちが持っていない、導入しやすい技術。

他社との差別化を図るために次に何を導入するか考えた同社。
その際にポイントとしたのが「自分たちが持っていない、かつ手軽に導入出来る技術」ということだ。

そして、同社はBLK2GOを選んだ。
納品日には、神戸清光営業担当者に現場を想定した質問が多く挙がる。

――地上型レーザースキャナとドローンでの計測データを補完する役割でBLK2GOを活用する。
同社の顧客へ更に高品質な成果物を提供することが出来るだろう。 各機体の特性を活かして1つの成果物を作ることは少し未来の話だと筆者は勝手に思っていたが、 本当にすぐそこにあることを認識した。

ニチイコンサルタント株式会社 杉谷代表取締役副社長。

▲ニチイコンサルタント株式会社 杉谷代表取締役副社長。

「『3次元』を知らない方が怖くて、不安だったんです。」

約10年前の地上型レーザースキャナ導入から3次元技術を研磨してきたニチイコンサルタント株式会社様。
業界内での3次元技術が進むが、同社の取り組みはその先駆けとも言えるだろう。
――地上型レーザースキャナ・ドローンだけで終わらない、その新技術導入の原動力は何なのだろうか。

杉谷氏は「『3次元』を知らないほうが怖くて不安なんです。」と話す。
3次元技術を取り入れることで他社との差別化・自社のブランディングを進めているという。

また、BLK2GOを導入することで宣伝効果や話題性を生み出すことも狙っていると話す同氏。
「新技術を他社より先に取り入れる」ということで創出されるインパクトがあることに気付かされた。

「BLK2GO」の汎用性の高さ。

ニチイコンサルタント株式会社様がBLK2GOの汎用性を最大限に利用しようと、
様々な現場を想定し合っていたことが印象的だった。
「土量を計測する際に使えそう」だと言う意見に神戸清光営業担当者たちも頷いていた。

BLK2GOは、日本発売後から未だ日も浅く日本語での情報も多くない。
実機を見るだけで感じていただけることもあるだろう。
是非、お気軽に神戸清光営業担当者にお問合せいただきたい。

(株)神戸清光 広報担当 松本葵

ニチイコンサルタント株式会社 様

【所在地】〒491-0837 愛知県一宮市多加木二丁目9番3号
【電話番号】0586-71-8781
【HP】https://www.nichii.co.jp/

ニチイコンサルタント株式会社 様
出展 G-44  

建設・測量生産性向上展
(CSPI-EXPO2022)

〜次世代を担う最先端技術が一堂に〜
 2022 年 5月 25日(水)〜27日(金)

ニチイコンサルタント株式会社様 CSPI-EXPO

生産性向上に繋がる革新的
3次元計測ソリューション

 製品カテゴリ:i-Construction, ドローン・点群処理, 測量技術/サービス, 測量機器 

https://cspi-expo.com/hp_info2022_ex/nichii-consultant/