Leica RTC360 3D レーザースキャナー近日発売予定 | トータルステーション・3次元レーザースキャナー・UAV(ドローン)・CAD・GISなど測量機器販売・レンタル・修理の専門商社株式会社神戸清光

Leica RTC360 3D レーザースキャナー近日発売予定

掲載日:

 新しいLeica RTC360レーザースキャナーは、3次元のリアリティキャプチャをかつてなく高速で実行できるようになります。1秒間に最大200万点というスキャンスピードで高品質なカラー3次元点群データとHDR画像の生成を、2分未満で完了できます。また、ターゲットなしで自動的に合成処理(VIS技術に基づく)を行う機能と、同じく自動化された現場からオフィスへのデータのシームレスな転送機能により、現場での作業時間を短縮し生産性を向上します。

※日本での販売開始は近日予定

RTC360イメージ1

 

RTC360イメージ2

 

RTC360イメージ3

 


Leica RTC360 製品紹介

Leica RTC360 3Dリアリティキャプチャソリューションは、周囲の状況を3次元データ化し、高速で使いやすく高精度のポータブル・ハードウェアおよびソフトウェアを提供し、現場およびオフィスの業務の効率性と生産性を改善します。RTC360 3Dレーザースキャナーは、現場の詳細なデータをキャプチャして精確で信頼性の高い3次元モデルを生成し、専門家が複雑なプロジェクトの管理を行えるようするソリューションです。

  • RTC360は持ち運びがしやすく、限りなく自動化され、直観的な操作で使用できる、高い生産性を念頭に置いて設計された製品です。また、高機能な3次元レーザースキャナーのRTC360に加えて、リアルタイムで自動的にスキャンデータの合成処理を行う携帯端末用アプリのLeica Cyclone FIELD 360、オフィス用ソフトウェアの Leica Cyclone REGISTER 360 を効果的に組み合わせることで、3次元モデルデータを業務プロセスにシームレスに統合できます。
  • 高解像なHDR画像を含むスキャンデータを、2分未満でキャプチャできます。
  • 自動的にスキャンステーションの移動位置を記録し、予め器械点のレジストレーションを行うことで、現場での手動操作の必要性を排除します。
  • より良い計画の反映、現場の実情共有、およびチーム全体と現状を認識合わせをするために、キャプチャしたデータに情報タグを付与して、リアリティデータを拡張することができます。

Leica RTC360 仕様

仕様および製品の外観は、改良のため予告なく変更する場合があります。
他に記述がない場合、測定精度の不確かさの表現法(JCGM100:2008)に従って、すべての精度仕様は68%の信頼水準にあります。
* アルベド 89% の場合
** シングルショット計測の場合
*** +/- 15° 以内の傾きで直立または倒立に設置した場合
スキャナー: IEC60825:2014 に準じたレーザークラス 1 製品
iPhone、iPad は Apple Inc. の登録商標です。
Android は Google の登録商標です。