3次元(3D)レーザースキャナー | 測量・計測・測定機器・トータルステーション・CAD・GIS販売・レンタル・修理の株式会社神戸清光

製品情報:3次元レーザースキャナ

データのデジタル化の要求によりCAD/CAM(コンピューター支援の設計/製作効率化)の導入、実務適用、成果の享受の歴史を経てあらゆる分野でのデジタル化は今や設計者が「(紙の上ではなく)コンピューター画面に向かって技術検討をする」までに定着し、かつ立体情報としての3次元CADも一般化してきました。

しかしそれ以前に建設された構造物には正確な3次元図面がなく、CADによる検討のためには正確な図面の作成の必要があるものの従来の点計測の測量では限られた情報の取得しかできず、計測点間の情報は推測などの仮定に基づいた検討となっていました。

それが近年の3次元レーザースキャナーの登場によって、従来では実現が困難であった大量の点群を短時間で計測することが可能となり、点の計測から面の計測を間単に実現できるようになりました。

この大量の点群情報はモデリングという過程を経てCAD化にシームレスで行えることで、あるがまま(アズビルト)での中・大型構造物における3次元計測業務の常識を大きく変えることになります。

ちなみに近年では3次元レーザースキャナーやハンディスキャナー以外にも、空中から撮影・測量を行うUAV(ドローン)や、車で走行して測量を行うMMS(モービルマッピングシステム)など、新たな方法での3次元化が普及しつつあります。これらの特徴や比較などは、「現実世界をデジタル化するには?」ページをご覧ください。

製品情報

ライカ 3次元レーザースキャナー ScanStation

どんなプロジェクトにも業務に適したツールを選択することが大切です。ライカ高精細空間測量(HDS)システムは、地形、構造物などの as-built (あるがまま)計測に最適な装置であり、as-built 3次元計測のスタンダードシステムです。

Leica ScanStation P30/P40は、高い汎用性を発揮する3次元レーザースキャナーです。P40は最長270m、P30は最大120mの長距離計測、100万点/秒の計測時間、データクオリティに優れ、3Dレーザースキャニングが必要とされるどのような現場でも理想的なソリューションです。

Leica ScanStation P16は、3Dレーザースキャニングの理想的なエントリーモデルです。魅力的なコスト効率と親しみやすいインターフェース、最大計測距離40mのレーザースキャナーは、測量以外の目的でも活用可能です。

Leica Nova MS50は、最高峰のトータルステーション性能に3次元スキャナーを備えた新次元の"マルチステーション"です。ミリレベルの精度、測定範囲300mスキャン最大範囲1000mと、スキャナー単体の機種と遜色ない高精度・ロングレンジのスキャニングと各種解析ソフトの使用が可能です。

ScanStation P30/P40 ScanStation P16 Nova MS50
Leica ScanStation P30・P40 Leica ScanStation P16 Leica Nova MS50

トプコン 3次元レーザースキャナー GLS-1500・GLS-2000

トプコン製3次元レーザースキャナー GLS-1500GLS-2000は、高精度・低ノイズ・高密度なプリサイススキャン技術を搭載。また、用途に合わせて選択できる多彩な観測方法を備え、多彩な環境に対応が可能です。

GLS-1500は、従来の高精度なノーマルモードに加え、最長500mまで測定できるロングモードを新たにご用意いたしました。用途に応じて2つの測定モードから選択が可能となり、用途が広がります。

GLS-2000は、現場で行う一連の作業の高速化・高精度化を実現し、水平方向360度鉛直方向270度という「フルドームスキャン」でトンネル、橋梁の下部、室内でも簡単に測定をおこなえます。近年普及しつつある、BIM (Building Information Modeling) ・CIM (Construction Information Modeling) の分野においても活躍が期待される機種です。距離は130m(GLS-2000ショート)・350m(GLS-2000ミドル)・500m(GLS-2000ロング)の3種類から選べます。

GLS-1500 GLS-2000シリーズ
トプコン 3次元レーザースキャナー GLS-1500 トプコン 3次元レーザースキャナー GLS-2000

FARO 3Dレーザースキャナー

FARO製のFocus3Dは、高精度な計測と3Dドキュメント化のためのハイスピード3Dスキャナーです。短時間で複雑な環境や地形の詳細な3次元イメージを取得できるレーザー技術を使用しています。

Focus3D X 330 HDRは、小型・軽量の長距離測定用3Dスキャナーです。直射日光下でもスキャンでき、GPSにより個々のスキャンの位置が簡単に把握できます。屋外での用途に最適です。HDRイメージングとHD写真解像度により、最高品質のデータと細部まで忠実なスキャン結果が確実に取得できます。

Focus3D X 130 HDRは、ポータブルで、高速、簡単かつ正確に対象物やビルを測定できます。また、建築物の立面、複雑な構造物、製造ラインやサプライ施設、事故現場や大型部品も測定でき、細部まで現物に忠実なスキャン結果を提供します。

Focus3D X 330は、非常に測定範囲が広いハイスピード3Dスキャナーです。直射日光下でも、最大330m離れた場所にある対象物をスキャンでき、レーザースキャナーを、全く新しい次元に飛躍させました。GPS受信機の搭載により、個々のスキャンのつなぎ合わせは、測量ベースの用途に最適なものとなっています。

Focus3D X 130は、中距離用のハイスピード3Dスキャナーです。直射日光下でも、最大で130m離れた場所にある対象物をスキャンできます。また、GPS受信機の搭載により、屋外でスキャンしたデータの相互位置関係の把握が容易です。

Focus3D X 330 / X 330 HDR Focus3D X 130/ X 130 HDR
FARO 3次元レーザースキャナー Focus3D X 330 FARO 3次元レーザースキャナー Focus3D X 130

RIEGL 3次元レーザースキャナー・プロファイルシステム

RIEGLの3Dレーザースキャナーは、リアルタイムに高速で3次元空間位置情報データを収集し、3D形状表現、モデリング、図面化できる装置です。

さらに、傾斜計・レーザー式求心・コンパス・内部データ保存機能・WLANなど、さまざまなインターフェースを装備しています。また、悪い視界でも優れた測定が可能で、砂ぼこりや霧、雨、雪などによる複数ターゲットの反射環境でも測定ができます。

地上型3DレーザースキャナーのVZ-6000は6,000m以上、VZ-4000は4,000mまで、VZ-2000は2,050mまで、VZ-1000は1,400mまで、VZ-400は600mまでが測定の目安です。それぞれ必要な測量距離に応じて適切な機種をお選びください。

VZ-6000 VZ-4000 VZ-2000 VZ-1000 VZ-400
リーグル3D レーザースキャナー RIEGL VZ-6000 リーグル3D レーザースキャナー RIEGL VZ-4000 リーグル3D レーザースキャナー RIEGL VZ-2000 リーグル3D レーザースキャナー RIEGL VZ-1000 リーグル3D レーザースキャナー RIEGL VZ-400

creaform製3次元ハンディスキャナ

Go!SCAN 3Dは、高速で、信頼性の高い、非常に簡単に操作できる3Dスキャナーです。誰でも直感的に操作ができ、一度に広い面積をスキャンする事から、高速でのスキャニングが可能です。

Handyscan 3Dは、抜群の使いやすさはそのままに、製品設計を見直すことで携帯性を向上させ、高精度かつ高解像度の3Dスキャンをより高速に実行できるようになりました。

MetraSCAN 3D光学CMMスキャンシステムは、市販製品の中でも特に精度の高いスキャニングとプロービングを可能にするソリューションであり、研究所や工場などの現場での使用に適しています。多関節アームに搭載された他の3Dスキャナーと比較して、制約の少ない自由な動きが可能で、生産性および品質が向上します。

Go!SCAN 3D Handyscan 3D MetraSCAN 3D
creaform Go!SCAN 3D creaform Handyscan 3D creaform MetraSCAN 3D

Artec 3Dスキャナ

Artec 3D スキャナはビデオカメラと同じような感覚で3次元の物体を撮影し、とても簡単に3Dデジタルモデルを創り出すことができるリアルタイム3Dカメラです。

1秒間に15ショットという高速連続撮影が可能なため、3次元測定やCGアニメーション、アミューズメント業界だけでなく、医療、建築、彫刻・美術、スポーツ分野など、幅広い範囲で導入が進んでいます。片手で持てるサイズと軽量性により、従来の計測手法や装置では困難とされていた空間を計測することが可能です。

Artec Eva 3Dスキャナは、ビデオカメラの様に高速に3Dデータを取得します。1秒間に最大16フレームを取得し、フレームは自動かつリアルタイムに位置合わせが行われるので、スキャンが素早く簡単に行えます。

Artec Spider 3Dスキャナは、設計者やCADオペレーター、製造現場のエンジニア、解析技術者などが要求する高精度な計測への対応をコンセプトに、3Dスキャナの限界とされてきたシャープエッジや微小な溝形状、黒色形状まで簡単にスキャンすることを可能にした高精度ハンディ・カラー3Dスキャナです。

Artec Eva Artec Spider
Artec 3Dハンディスキャナ Eva Artec 3Dハンディスキャナ Spider

3次元レーザースキャニング業務内容

●遺跡・歴史構造物の調査、デジタルデータ保存 ●駅舎ならびに軌道調査
●橋梁・高架橋の調査、一般図面作成 ●鉄塔・大型ポールの傾き調査
●道路・空港などの路面調査ならびに沈下計測 ●事故現場状況の3次元データ保存
●斜面・法面の現況計測、災害調査 ●景観シミュレーション
●トンネル内空断面の経年調査 ●GIS向け基礎データ
●造船・橋梁部品などの仮組み検査 ●CGモデル作成
●プラント設備の設計ならびにリバースエンジニアリング ●その他

なお、当社では3Dレーザースキャナーの販売及びスキャニングの業務委託も行っております。いずれもお見積り等ご希望でしたらお気軽にお問い合わせください。

データサンプル

橋梁および高架橋

ランガー橋 写真 計測点群データ 3次元CADモデル
ランガー橋 写真 ランガー橋 計測点群データ ランガー橋 3次元CADモデル

路線・交差点

交差点 写真 計測点群データ1 計測点群データ2 平面図重ねあわせ
交差点 写真 交差点 計測点群データ1 交差点 計測点群データ2 交差点 平面図重ねあわせ

盛土

センサ内臓CCDからの画像 計測点群データ1 計測点群データ2 計測点群データ+計画境界線 造成計画設計データ
盛土 センサ内臓CCDからの画像 盛土 計測点群データ1 盛土 計測点群データ2 盛土 計測点群データ+計画境界線 盛土 造成計画設計データ
盛土量を算出 土砂処分地センサ内臓CCDからの画像 計測点群データ TINメッシュ生成→コンタ作成 TINメッシュ+コンタ
盛土量(設計モデルと現況面の差分)を算出 盛土 土砂処分地(ダム建設地)センサ内臓CCDからの画像 盛土 計測点群データ 盛土 TINメッシュ生成→コンタ作成 盛土 TINメッシュ+コンタ

計測データより作成した平面図(地形)

計測データより作成した平面図

地すべり、崩落斜面

崩落斜面 写真 計測点群データ1 計測点群データ2 崩落部抽出後コンタ作成 崩落部コンタ
崩落斜面 写真 崩落斜面 計測点群データ1 崩落斜面 計測点群データ2 崩落斜面 崩落部抽出後コンタ作成 崩落斜面 崩落部コンタ

建築限界等干渉調査

軌道/架線クリアランスなど計測点群データ(平面視点) 計測点群データ(側面視点) 計測点群データ(中心投影視点)
建築限界等干渉調査 軌道/架線クリアランスなど計測点群データ(平面視点) 建築限界等干渉調査 計測点群データ(側面視点) 建築限界等干渉調査 計測点群データ(中心投影視点)

プラント配管設備

プラント機器点群+3次元CADモデル プラント機器3次元CADモデル1 プラント機器3次元CADモデル2
プラント配管設備 プラント機器点群+3次元CADモデル プラント配管設備 プラント機器3次元CADモデル1 プラント配管設備 プラント機器3次元CADモデル2

文化財

歴史建造物 写真 計測点群データ1 計測点群データ2 計測点群データ3
歴史建造物 写真 歴史建造物 計測点群データ1 歴史建造物 計測点群データ2 歴史建造物 計測点群データ3

【計測データより作成した平面図】

計測データより作成した平面図(文化財)

町並み景観

町並み景観 写真 計測点群データ1 計測点群データ2
町並み景観 写真 町並み景観 計測点群データ1 町並み景観 計測点群データ2

石碑

石碑 写真 計測点群データ1 計測点群データ2 計測点群データ3 CGによるアニメーション
石碑 写真 石碑 計測点群データ1 石碑 計測点群データ2 石碑 計測点群データ3 石碑 CGによるアニメーション

計測データより作成した平面図

計測データより作成した平面図(石碑)

関連ページ