UAV(ドローン)用の後処理ソフトって? | トータルステーション・3次元レーザースキャナー・UAV(ドローン)・CAD・GISなど測量機器販売・レンタル・修理の専門商社株式会社神戸清光

UAV(ドローン)用の後処理ソフトって?

UAV(ドローン)で撮影した写真データは、専用ソフトを使用することで3次元化や点群の発生から、土量計算や地表面モデルの作成まで行なうことが出来ます。専用ソフトにはそれぞれ特徴や得意分野、役割があります。

各ソフトウェアの特徴・価格帯

Agisoft PhotoScan Professional edition「写真測量ソフトのスタンダード」画像

Agisoft PhotoScan Professional edition

写真測量ソフトのスタンダード 点群から3Dモデル、オルソモザイク作成まで低価格でオールマイティなソフトウェア。3Dの点群作成に特化し斜めからの写真も積極的に利用することでより立体的な点群作成が可能になります。

50万円程度

PIX4D Mapper「写真測量ソフトの上位版」画像

PIX4D Mapper

写真測量ソフトの上位版、カメラキャリブレーション不要で高精度なオルソモザイクを作成可能。基準点をより厳密に管理でき、より詳細な品質レポートを作成

ImageMasterUAS「オルソ写真作成からの点群作成ソフト」画像

ImageMasterUAS

オルソ写真作成からの点群作成ソフトとなります。基本的には上空からの写真のみを使用して点群データを作成します。

TREND-POINT「福井コンピュータの点群処理ソフトウェア」画像

TREND-POINT

福井コンピュータの点群処理ソフトウェア ノイズ処理から縦横断、等高線、体積計算等の基本機能が充実。同社のCADとの連携機能も搭載

LandForms「土木に特化した点群処理ソフトウェアの決定版」画像

LandForms

土木に特化した点群処理ソフトウェアの決定版 各種設計~解析、体積計測から路線管理まで土木業界でのニーズに幅広く対応

※価格帯はおよその目安になります。予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

関連ページ