RIEGL製空中撮影UAV(ドローン) | トータルステーション・3次元レーザースキャナー・UAV(ドローン)・CAD・GISなど測量機器販売・レンタル・修理の専門商社株式会社神戸清光

RIEGL製 UAS・UAV レーザースキャナー

RIEGL製 UAS / UAV レーザースキャナー

長年に渡り、RIEGL航空レーザースキャナーは、ハイエンドな無人航空機システムのプラットフォームにおいて数多く使用され成功してきました。

そして現在、測量分野で注目されているUAS/UAV/RPASのような小型タイプのプラットフォームに対応する為、RIEGL社は、新しくVUX-1を開発しました。

小型のUAS/UAV/RPASの物理的な限界を考慮し最適な物にする為に、他に類の無いコンパクトなサイズと軽量さを実現しています。絶妙な形状と広い視野のRIEGL VUX-1は、汎用性があり、様々なUAS/UAV/RPASとのスムーズな統合を可能にします。

超軽量タイプ UAV向け オンライン波形分析式 レーザースキャナー RIEGL VUX-1

RIEGL VUX-1

RIEGL VUX-1は非常に計量・小型なレーザースキャナーで、計測パフォーマンスとシステム統合の両方において、UAS/UAV/RPAS、ジャイロコプター、超軽量航空機による新たな調査ソリューションの課題に対応しています。

RIEGL VUX-1は、UASの特有の制約と飛行特性に関して、重量制限があっても限られたスペースであっても、あらゆる向きに取り付け可能です。装置の電力消費は少なく、単一電源で作動します。データ取得行動の全体のデータセットは、内蔵されている240ギガバイトのSSDに保存され、また、統合LAN-TCP/IP インターフェース経由でリアルタイムラインスキャンデータとして出力されます。

RIEGL VUX-1の特長

  • 測定精度10mm 最大200ライン/秒の高速スキャン
  • 最大500,000点/秒の測定レート(@550kHz PRR & 330度FOV)
  • 1,000ft以上の作動飛行高度
  • 330度の広い視野で制限の無いデータ収集
  • 規則的な点群パターンで完全なパラレルスキャンライン
  • エコー信号のデジタル化、オンライン波形解析、MTA処理をRIEGLの最新技術で実現
  • 複数ターゲット処理能力(無制限のターゲット数)
  • コンパクト(227×180×125mm)、軽量(3.6kg)、堅牢設計
  • 本格的なUAS/UAV/RPASに簡単に取り付け
  • IMU取り付け用の機械的・電気的インターフェース
  • GPSデータストリング及び Sync Pulse(1pps)用の電気的インターフェース
  • LAN-TCP/IPインターフェース
  • スキャンデータは240ギガバイトの内部SSDメモリーに保存

RIEGL VUX-1の用途例

  • 地形、渓谷のマッピング
  • 建設現場モニタリング
  • 考古学、文化遺産のドキュメンテーション
  • 農地、森林の計測
  • 送電線、線路、パイプラインの検査
  • 露天掘りでの地形キャプチャ
  • 都市環境調査
  • 災害現場

その他詳細や資料などにつきましては、RIEGLのVUX-1紹介ページをご覧ください。

リモートパイロット航空機システム RIEGL RiCOPTER

リモートパイロット航空機システム RIEGL RiCOPTER

RiCOPTERは、RIEGL社の最高技術によって開発・製造された、高性能なリモートパイロット航空機システムで、UAVによるレーザー計測の商業用、民間用のアプリケーションとして初の無人航空システムです。

堅牢で信頼のおけるプラットホームは、機体内にセンサーシステムの機械的および電気的の構成要素が全てインテグレートされています。

非常に軽量なカーボンファイバーのメインフレームと折りたたみ式のプロペラ、そして機体の衝撃吸収によって、安定した飛行と安全な着陸、ハンディな輸送を可能にします。X-8アレイのオクトコプターはスムーズで安定したホバリングが特性で、厳しい条件下での要求の厳しいフライト操作でも同様です。

RiCOPTERは、ペイロード最大16kgで異なるセンサーを搭載する事ができます。(センサーおよび電源)

測量業務の為にRiCOPTERには、レーザースキャナー「RIEGL VUX-1」、IMU/GNSSユニット、コントロールユニット、そして最大4個までの高解像度カメラで構成された、"RIEGL VUX-SYS for RiCOPTER"が搭載されています。

RIEGL RiCOPTER YouTube紹介動画(※英語・音声有り)


RIEGL RiCOPTERの特長

  • 高性能なX-8アレイ折りたたみ式オクトコプター
  • ペイロード最大16kg(センサー及び電源)
  • 最大積載重量は25kgまで
  • 飛行時間は最大積載時で30分
  • クッション性のあるランディングスキッドと衝撃吸収の機体による安定した飛行と安全な着陸
  • 折りたたみ式のプロペラ、キャリアハンドル付き、そして輸送用の特別ケース

RIEGL RiCOPTERの用途例

  • 高精度な農地計測
  • 露天掘り鉱山の計測
  • 地形や渓谷のマッピング
  • 都市環境の計測
  • 考古学、文化遺産のドキュメンテーション
  • 建設現場のモニタリング
  • コリドーマッピング:送電線、鉄道、パイプラインの点検
  • 災害現場の計測

その他詳細につきましては、RIEGLのRiCOPTER紹介ページをご覧ください。

UAV搭載用 VUX-1インテグレートシステムユニット RIEGL VUX-SYS

RIEGL VUX-SYSは、RiCOPTERで高精度なレーザーデータ・高解像度な画像データを取得する為にUAVに取付けるシステムで、VUX-1スキャナー、IMU/GNSSユニット、コントロールユニット、そして最大4個までの高解像度カメラで構成されています。

そして、UAS/UAV/RPAS、ヘリコプター、ジャイロコプター、超軽量航空機への取り付けをフレキシブルにする為に、軽量・コンパクトで完全に小型化された航空レーザースキャニングシステムです。

VUX-1の優れた測定能力は、精密な光ジャイロスコープ(FOG)とGPS/GLONASS受信機の組み合わせによるもので、結果としてアプリケーションの全範囲に渡って、サーベイグレードの精度をもたらします。

VUX-SYSの専用インターフェースは、UAVシステムの低帯域幅の無線リンクによるフルコントロールだけでなく、システムステータスのフィードバックを可能にします。加えてコントロールユニットは、最大4個までのデジタルカメラのトリガー用インターフェースが含まれています。カメラのリリースイベントの正確なタイムスタンプが、点群と画像のその後の組み合わせを可能にする生のスキャンデータストリームに保存されます。

なお、VUX-SYSをRIEGLの専用UAVに搭載したシステムがRiCOPTERになります。

RIEGL VUX-SYSの特徴

  • 軽量航空レーザースキャナーRIEGL VUX-1をフルインテグレート
  • 光ファイバージャイロスコープとGPS/GLONASS受信機がインテグレート
  • 様々なインターフェースオプションのあるコンパクトなコントロールユニット
  • 航空機に搭載する為の高い柔軟性のあるマウンティングオプション
  • 低帯域幅のデータリンクを使用したリモートコントロール
  • 最大4個までのデジタルカメラを操作

その他詳細につきましては、RIEGLのVUX-SYS紹介ページをご覧ください。

>>UAV(ドローン)一覧ページに戻る

関連ページ